SGST

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウディタすげーって思ったこと

まぁ相変わらず自分用のメモみたいなものです。
最近やっと中身をいじりだせて、ちょっと分かってきた部分もあったりなので。


・ピクチャにディレイがかけられる
表示も消去もディレイがかけられます。
ツクールだと透過度0で表示して、ピクチャの移動で透過度255に~とかが必要だけど、それが不要です。
当たり前っちゃ当たり前か。
(逆になんでツクールディレイかけられないんだよと・・・)

・コモンに引数が使用できる
ツクールだと、私は変数入力に1、変数入力に2を入れてコモン呼んで、コモン内で処理して変数を返してーとかやってるんですが、それを入力段階で設定できます。
名称未設定-1
こんな感じ。
これは立ち絵表示用に作ったコモンです。
しかも中身的にも、データベースで設定した文字列変数が使用できるので、命令文も一行くらいで済みます。
文字列変数でファイル指定できるのは便利ですなぁ。
あとは反転とかも出来るので、左側に表示させるときは自動で画像を反転させるよーってのも簡単に出来ます。
(反転、ちょっと罠があって拡大率に横だけ「-100%」を指定すれば出来るんですが、座標も反転されるんですね。200pixの画像を座標0,0に表示させたい場合は、座標を200,0に指定してあげなきゃいけないのです。)

デフォルトの顔グラ表示で気に入らないところがあって、いじろうと思ったんですが、いじるより新しい顔グラ表示コモン作る方が早かったです・・・。
他人の書いたコード、読めないんだよな・・・。

あとピクチャ○番~○番まで一気消去とか一気移動とか出来るの便利ですね。
発動ディレイも設定できるの便利です。
前にも書いたっけ・・・?

コモン内検索できるのもそうだけど、チェックポイントを設定できるのも助かります。
ボタン一個でチェックポイントまで飛べるし。
文章表示を一発コメントアウトとかに出来るのも便利。
デバッグウィンドウにだけ文章表示できるデバッグ文コマンドとかも便利です。

| ウディタ | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sgst.blog.fc2.com/tb.php/160-0a8fe9af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。